アラカン女未婚プロ

ファッション・食関係・暮らし・健康美容の情報をシェアするライフスタイルブログ

  

【ロックポート トータルモーション】理想のハイヒール「7年愛用者が魅力を解説」

 

 

Information

Amazon新生活セール
3/1(金)9:00~3/5日(火)23:59

 

同時開催ポイントアップキャンペーン
最大5000ポイント還元

 

こちらの記事でおすすめ商品をご紹介しています。
【2024年3月 Amazon新生活セール】買うべき商品「愛用品を中心に紹介」 - アラカン女未婚プロ

 

 お得なチャンスをお見逃しなく!

 

 

 

Information

 

 

こんにちは、アラカン女未婚プロのマダムKです。

今回は、やっと巡り合えた足が痛くならない理想のハイヒールについて綴ります。

⇒そのハイヒールとは、7年ほど前から3足愛用しているロックポートのものです。

ロックポートのトータルモーションのハイヒール3足全体像

 

 

私のハイヒールの悩み

ハイヒールデビューしたのは、大学に入学した18歳の時。

それから、いったい何足のハイヒールを履いてきたことでしょう。

20代30代は、痛みを我慢してでもおしゃれしたい年頃。

かかとの靴ずれ、爪のくいこみ、タコと闘いながら、ハイヒールを毎日のように履いていました

ところが40代になると、「痛みを我慢してまでハイヒールを履きたくない。」と気持ちに変化が訪れます。

でも同時に「ハイヒールを諦めたくない。一生ハイヒールが履ける女性でいたい。」という思いもあったのです。

ずっと「痛くないハイヒールなんてこの世に存在するはずがない。」と諦めていました。

でも痛いハイヒールを履けない歳になり、改めて痛くないハイヒールを探してみようと思ったのです。

そんな風に考えていた頃に雑誌の特集で、私をハイヒールの痛みから救ってくれることになるROCKPORTを知りました。

 

ROCKPORT ロックポートとは?

ROCKPORT(ロックポート)は、アメリカ・ボストン発のレザーシューズブランドです。

ROCKPORTの発祥は、1971年。

ロックポートの創設者カッツ親子が「ビジネスシューズのアッパーにスニーカーのアウトソールをつけるとカッコ良くて履き心地の良いシューズができる!」と考えたことからロックポートの靴作りが始まりました。

一台のバンにシューズを積み込んで販売をスタートします。

ブランドの理念を継承しながら時代とともに成長を続け、ロックポートシューズは世界的なブランドに成長しました。

そして、2021年、世界各国のROCKPORTファンに支えられ誕生50年を迎えました。

独自のテクノロジーの開発やスポーツテクノロジーを応用した革新的な靴作り。

そして斬新なアイディアを提供し続けています。

ロックポートHPより

 

ROCKPORTのTOTAL MOTIONで悩み解消

ロックポートのパンプスにもいろいろな種類がありますが、私が愛用しているのは「トータルモーション 75mm ポインティ トゥ ヒール プレーン パンプス」

7.5㎝ヒールのロングセラーコレクションで、私を長年のハイヒールの痛みから救ってくれた救世主です。

私はこのトータルモーションのパンプスを3足持っていて、7年愛用しています。

シンプルなデザインなので、カジュアルからフォーマルまであらゆるシーンで大活躍。

履くだけで凛とした雰囲気になり、スタイルアップが叶います

黒、ベージュ、キャメルの3色があれば、コーディネートに困ることはありません。

ロックポートのトータルモーションのハイヒール3足全体像

 

TOTAL MOTIONとは?

ロックポートが誇る独自のテクノロジーで、疲れにくさと履き心地の良さを追求したハイスペックコレクション

世界中の働く女性をはじめ、多くの方に支持されています。

 

下記のロックポートHPで、TOTAL MOTIONについてわかりやすく説明されています。

 

 

ROCKPORTのハイヒールの魅力

「トータルモーション 75mm ポインティ トゥ ヒール プレーン パンプス」は、たくさんの魅力が詰まった理想のハイヒールです。

 

おしゃれも履き心地も叶う

おしゃれだと履き心地が悪く、履き心地が良いとおしゃれじゃないというのが、一般的なハイヒール。

でもロックポートのハイヒールは、おしゃれでありながら快適さも兼ね備えていてとっても優秀なのです。

「痛いハイヒールは履けないけれど、ハイヒールを諦めたくない。」という私のような女性にとっては、まさに救世主

ロックポートは、私が30年探し続けた理想のハイヒールです。

ロックポートのトータルモーションの黒ハイヒール全体像

 

デザインが素敵

全体的にすっきりしたデザインです。

 

つま先

つま先がちょうど良い感じに尖っていて、クールでモードな雰囲気を感じます。

ロックポートのトータルモーションの黒ハイヒールのつま先アップ

 

ヒール

ヒールは太いとエレガントさに欠けますし、細すぎると安定性が損なわれるもの。

ロックポートのハイヒールはエレガントでありながら安定感があり、私が一番気に入っている点です。

おしゃれ面と機能面の両方を叶えてくれるロックポートは、さすがです。

ロックポートのトータルモーションの黒ハイヒールのヒールアップ

 

インソールがふわふわ

衝撃吸収クッション材が入っているので、履き心地が良く安定して歩くことができます。

まるで足裏にふわふわしたクッションがくっ付いているかのような感覚になります。

ロックポートのトータルモーションの黒ハイヒールのインソール

 

アッパー内側も柔らかい

ソールが快適な靴は多く見かけますが、ロックポートはアッパー部分(甲側)の快適さも兼ね備えています。

アッパー内側の生地にクッション性があり柔らかいので、ふわっと足が包み込まれ極上の履き心地です。

また上質で柔らかいプレミアムレザーが使われていて、足に良く馴染みます。

ハイヒールは小指や親指が痛くなることが多いのですが、こちらは一度も足指が痛くなったことがありません

アッパーの内側にクッション性があるハイヒールは、私の知る限りではロックポートしかありません。

足底についてはインソールを入れるなどで自分で履き心地を調節することが可能ですが、アッパーは自分では調節できない部分なのでうれしいポイントです。

ロックポートのトータルモーションの黒ハイヒールのアッパー部分アップ

 

ちょうど良いヒールの高さ

ヒールの高さは7.5cmで、脚が長く見えスタイルアップが叶います。

若い頃はもっと高いヒールの靴を履いてもさっさと歩けましたが、今はこれ以上高いと転倒の心配があります。

でもこれ以上低いとエレガントさが欠けてしまうので、今の私にはちょうど良い高さです。

また細身でも安定感を与えるヒール構造なので、歩きやすいです。

ロックポートのトータルモーションの黒ハイヒールのヒールの横にメジャーを置いた状態

 

長時間履いても疲れない

長い距離を歩いたりずっと立ちっ放しで長時間履いても、疲れないのは驚きです。

足の上下左右がスポンジに包まれている感じでふわふわなのが、疲れない要因。

また長時間歩いても疲れにくいのは、足が蹴り出しやすいからというのもあると思います。

ロックポートのトータルモーションの黒ハイヒールを曲げて蹴り出した状態

 

活用範囲が広い

シンプルなデザインなので、仕事用はもちろん、休日のカジュアルスタイル、冠婚葬祭など幅広いシーンで大活躍してくれます。

ロックポートのトータルモーションの黒ハイヒールとワンピースのコーディネート

ロックポートのトータルモーションの黒ハイヒールとスカートのコーディネート

ロックポートのトータルモーションのベージュハイヒールとパンツのコーディネート

ロックポートのトータルモーションのキャメルハイヒールとスカートのコーディネート

 

素材・色・サイズが豊富

素材はパテント、パイソン、エンボスなど、色はブラック、ブラウン、トーブ、赤、青、バイオレットなど、バリエーション豊富です。

そして特に素晴らしいのが、サイズ展開が22~30cmと幅広いこと

これだけのサイズ展開はとても珍しく、靴のサイズで困っている方にはうれしいポイントです。

 

7年履いた感想・体験談

3足を7年履き続けてきて、感じていることをシェアします。

 

シンプルなデザインで大活躍

装飾のないシンプルなデザインでTPOを選ばずに履くことができ、とにかく大活躍してくれます。

またシンプルなデザインというのは、流行に関係なく長く履くことができるのも大きなメリットです。

私はグッチのビットローファーを30年履いていますが、それはシンプルなデザインだったことが大きな理由の1つです。

ロックポートのハイヒールも、同じように長い付き合いになりそうです。

 

グッチのビットローファーの魅力については、こちらの記事をご覧ください。

 

スタイルアップが叶う

ヒールが7.5cmあるので、履くだけで脚を長く見せてくれる効果があります。

なんかバランスが悪いと感じた時の、救世主アイテムです。

 

長時間履いても痛くない・疲れない

長い時間ハイヒールを履かざるを得ない状況の時は、迷わずにロックポートを選びます

全方向から足全体を包み込むようなふわふわの履き心地で、辛くなることがなく本当に助かります

 

サイズ感

私の靴のサイズは22.5cmか23cmで、ロックポートのハイヒールは3足すべて23cmです。

履いた感じのサイズ感をお伝えします。

つま先は指の付け根あたりまで隠れ、指周りはタイト目です。

ただアッパー部分の内側にもクッション性があるため、指が痛くなることはありません

に関しては、タイト目ではなくゆったり目な作りのように感じます。

 

まとめ

ロックポートのハイヒールに出会って、「一生ハイヒールが履ける体でいるために、筋トレを頑張ろう。」と思うようになりました。

ハイヒールを履くと背筋がピンと伸びて、気持ちがしゃきっとしていいものです。

また長く履き続けるために、しっかりメンテナンスをしていこうと思います。

 

革靴のメンテナンスについては、こちらをご覧ください。

 

ROCKPORTのハイヒールが向いている方

  • ハイヒールの痛みに悩んでいる
  • ハイヒールを諦めたくない
  • もう一度ハイヒールに挑戦したい
  • サイズが合うハイヒールがなくて困っている

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。