アラカン女未婚プロ

ファッション・食関係・暮らし・健康美容の情報を発信するライフスタイルブログ

  

【最初に買うべき一生使い回せる真珠ネックレス】元ジュエリープロが選び方を徹底解説

こんにちは、アラカン女未婚プロのマダムKです。

今回のテーマは、真珠ネックレスの選び方

最初に買うべきもので一生使い回せるものという観点で、BESTな1本を選ぶ際にこだわるべきポイントについて語りま120cmを3連に加工した真珠ネックレス

 

 

解説するは元ジュエリープロ

大学卒業後長年ジュエリーの仕事をしてきて、GIA G.G.(米国宝石学協会鑑定士)の資格を所持しています。

伊勢、宇和島加計呂麻島などの真珠養殖場を何回も訪れ、安いものから高いものまであらゆる真珠を扱ってきました。

真珠が大好きなマダムKが、仕事とプライベート両方の体験を基に解説します。

 

一生使い回せる真珠ネックレスとは?

ジュエリーはバッグや靴のように、使うにつれ劣化していくものではありません。

質の良いものを選びきちんとお手入れすれば、良い状態を保ちつつ長く愛用できる特別なアイテムです。

一生使い回せる真珠ネックレスを選ぶ場合、こだわるべきポイントは下記4点です。

  • 条件①  長さ:120cm
  • 条件②  玉サイズ:6~7mm
  • 条件③  色:ホワイト系
  • 条件④  種類:アコヤ真珠

 

ではなぜこの4点にこだわるべきなのかを、詳しく説明していきます。

 

条件①  長さ:120cm

使い回しやすいネックレスの条件として、長さはかなり重要なポイントです。

 

最初の真珠はあれじゃないの?

最初に手に入れるべき真珠として一般的なのは、アコヤ真珠の長さ43cm程のネックレスとイヤリングもしくはピアスのセット

大人になったら冠婚葬祭用に揃えた方が良いと言われているものです。

でも「冠婚葬祭で身に付ける機会は、数年に1回あるかないか」「フォーマル感が強いので、冠婚葬祭以外に使えない」という方が多いのが現状です。

冠婚葬祭用に1つあれば便利なセットですが、使い回しにくいためデイリーに活躍することがなく、どうしても出番が少なくなってしまいます。

どんどん使ってこそその真珠は活きるので、出番が少ないのはもったいないです。

 

汎用性の高さが重要

今回のテーマは「一生ものの真珠ネックレス」ではなく「一生使い回せる真珠ネックレス」。

私も20代で手に入れた、120cmのアコヤ真珠のネックレスを持っています。

環境や気持ちのヘ変化に応じて作り替えながら30年使い回していて、本当に手に入れて良かったと思っています。

カジュアルでもフォーマルでもファッションに合わせてコーディネートでき、一生大活躍するネックレスとして120cmをおすすめするのは、汎用性が高いからなのです。

 

3種類の使い方が可能

120cmあれば、下記3種類の使い方が可能。

ファッションに合わせ、ていろいろ楽しむことができます。

  • 1連で結び目を作って
  • 2連のセミロングネックレス
  • 3連のネックレス

 

この3種類の使い方ができると、仕事でもプライベートでも大活躍してくれます。

そして、気が付いたら何十年も使っていたというアイテムに育っていく可能性が高いのです。

 

ブレスレットに作り替え可能

後に、ブレスレットが欲しくなることもあるでしょう。

その際新たにブレスレットを購入しても良いですが、手持ちのネックレスと色合いや品質を合わせるのが難しいという問題があります。

120cmのネックレスを購入しておけば、後にブレスレットが欲しくなってもネックレスとブレスレットに分けることが可能です。

もともと1本なのですから、ネックレスとブレスレットの色合いと品質は同じです。

色合いと品質が揃っていると、統一感があり装いの完成度が高くなります

 

条件②  玉サイズ:6~7mm

玉サイズは6~6.5mmか6.5~7mmがベストです。

理由はカジュアルにもフォーマルにも対応し、年齢を選ばない使いやすい大きさだから。

これより小さいと、年齢と共に物足りなさを感じ使わなくなってしまう確率が高いです。

一般的に年齢を重ねるとより大きなものを好む傾向があるため、6~7mmでは小さいのではと思われるかもしれません。

でも120cmあれば2連や3連にしてボリュームが出せるので、心配しなくて大丈夫。

またこれより大きいと、若いうちは使いこなすのが難しいのです。

 

条件③  色:ホワイト系

真珠にはさまざまな色合いがあり、それぞれに魅力があります。

でも「一生使い回せるBESTな1本」という点では、ホワイト系一択です。

ピュアホワイトでもホワイトピンクでもホワイトクリームでもOK。

ホワイト系であれば使い回す際の障害にはなりませんので、お好みで大丈夫です。

はっきりした色合いのピンク、オレンジ、ゴールド、ブラックなどは使い回しにくく出番が減ってしまうので、避けた方が良いでしょう。

 

条件④  種類:アコヤ真珠

真珠には淡水パール、アコヤ真珠、黒蝶真珠、白蝶真珠といろいろな種類があります。

使い回す、ホワイト系の色合い、品格の点で、アコヤ真珠がベストです。

淡水パールにも真円に近くホワイト系のものがあり、価格が安いのが大きな魅力です。

でも価格の点で妥協してしまうと、後で後悔する確率が高いもの。

他のものを購入するのを我慢してでも、アコヤ真珠を選ぶことをおすすめします。

 

巻きの厚いものを選ぶ

アコヤ真珠の品質を決める要素の1つに、「巻き」があります。

巻きが薄いものは、長年使用すると劣化する可能性が高いです。

でも巻きが厚いものはアコヤ真珠特有のてりを生み出し、そのてりが長く続きます。

巻きが厚いものを選んできちんとお手入れするのが、劣化を防ぐポイントです。

お手入れといっても特別なことをするわけではなく、使用後に柔らかい布で全体を丁寧に拭くだけです。

 

おすすめのネックレス『MPO 花珠落ち アコヤ真珠ロングネックレス』

私が考える一生使い回せる真珠ネックレスの条件をすべて満たしているものとしてご紹介したいのは、三重県真珠加工販売協同組合(MPO)のものです。

三重県真珠加工販売協同組合(MPO)の花珠落ちロングネックレスを3連にしてネック台に掛けている状態
三重県真珠加工販売協同組合(MPO)の花珠落ちロングネックレスを3連にした全体像
三重県真珠加工販売協同組合(MPO)の花珠落ちロングネックレスの3連状態の玉アップ
三重県真珠加工販売協同組合(MPO)の花珠落ちロングネックレスの留め具アップ

出典:三重県真珠加工販売協同組合HP

 

三重県真珠加工販売協同組合(MPO)とは?

三重県真珠加工販売協同組合(MPO)は、三重県(Mie)・真珠(Pearl)・組合(Org)の略称。

真珠の世界的な産地である三重県にある、代表的な真珠の組合です。

MPOは真珠の養殖から販売までを一括管理し、中間業者を介さずに販売しているため、上質な真珠をお値打ち価格で提供することが可能です。

 

花珠とは?

花珠とは、アコヤ真珠の中で一定の品質基準を満たした高品質の真珠に与えられる名称。

照り・巻き・キズ・形という評価基準のすべてが最高ランクであることが条件です。

 

花珠落ちとは?

こちらのネックレスに使用されている真珠が花珠落ちになったのは、プロでも発見困難な程度の微細なキズがあるため。

微細なキズがあるものの照りは花珠級なので、とても美しい真珠です。

花珠真珠のロングネックレスは価格的に難しいですが、花珠落ちの真珠を使用することで、ロングなのにこのお値打ち価格が実現しました。

 

スペック

  • 長さ:120cm
  • 玉サイズ:6~6.5mm
  • 色:ホワイト系
  • 種類:アコヤ真珠

 

 

私の真珠ネックレス

私が愛用している真珠ネックレスは20代の頃手に入れた下記スペックのもの。

  • 条件①  長さ:120cm
  • 条件②  玉サイズ:6~7mm
  • 条件③  色:ホワイト系
  • 条件④  種類:アコヤ真珠

 

結んだり、2連や3連にしたり、ブレスレットに加工したりと、30年間いろいろな形で楽しんできました。

 

3連だとこんな感じ

120cmを3連に加工した真珠ネックレスを身に着けている状態

 

ネック&ブレスだとこんな感じ

120cmの真珠ネックレスをネックレスとブレスレットに加工したものを身に着けている状態

 

20代の頃は、後になってブレスレットが欲しくなるなんて思ってもいませんでした。

長い人生のうちには、環境や気持ちの変化があって当たり前。

そんな変化にも対応できる汎用性の高さが、120cmという長さの魅力です。

 

誰でも簡単に作り替え可能

ネックレスの長さを変えたりブレスレットとセットにしたり、作り替えできるのも120cmという長さだから。

専門店に依頼すると数千円はしますので、自分で加工するのがおすすめです。

ニッパー、ペンチ、ワイヤー、カシメパーツ(つぶし玉)があれば、誰でも簡単に作り替え可能です。

下記写真のカシメパーツは実用性重視ですが、おしゃれなタイプのカシメパーツを選べば、より洗練されたネックレスとブレスレットが完成します。

ニッパー、ペンチ、ワイヤー、カシメパーツ

 

こちらのネックレスとブレスレットのセットは、もともと120cmだったネックレスを自分で作り替えたものです。

120cmの真珠ネックレスから作り替えたネックレスとブレスレット

 

環境や気持ちは変化するもの。

その変化に応じて、作り替えを楽しみながら長く愛用していけるといいですね。

 

おすすめの留め具『925SV ビーンズ型 差し込み式クラスプ』

留め具は長く使うことを考慮して素材は真鍮メッキではなくシルバー925、フォーマルにも対応できるシンプルなデザインがおすすめ。

 

まとめ

ミニマルシンプルライフを目指していて、「上質なものを選びお手入れしながら長く愛用する」よう心掛けています。

私が20代でアコヤ真珠ネックレスを手に入れた時には、その後30年も大活躍する1本になるとは考えてもいませんでした。

でも今なら「一生使い回せるネックレス」になったのは、「4つの条件」を満たしていたからなのだとわかります。

長く愛用できる1本を選ぶ際、参考にしていただけたうれしいです。

 

こちらのロングネックレスには、花珠級のとても美しい真珠が使われています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。